旅行

道の駅「あまるべ」観光名所に行ってみた!ライトアップの時間帯は?レビューブログ

どうも、旅行好きなインドア男子のあさりです!

観光名所の1つ、余部「道の駅」(余部鉄橋「空の駅」)に行ってきました!

地上には「道の駅」、エレベーターを昇った先には駅が通っている「空の駅」があります。

今回は地上にある道の駅「あまるべ」の魅力をお伝えできたらと思います。

クリスタルタワーの綺麗なライトアップの時間帯なども合わせてご紹介しますね。

 

余部鉄橋「空の駅」が気になる方はこちらもみていってください!

余部鉄橋「空の駅」に行ってみた。クリスタルタワーの料金は? レビューブログどうも、旅行好きなインドア男子のあさりです! 余部観光名所の1つ、余部鉄橋「空の駅」(余部「道の駅」)に行ってきました! 地...

 

余部観光名所「道の駅」「空の駅」について

 

余部「道の駅」と「空の駅」は別物の観光施設です。

「空の駅」は実際に駅として活用されているので、観光施設と言えるかどうかは微妙なところですが…。

しかし、「クリスタルタワー」としてライトアップしているくらいなので、観光施設として見てもいいでしょう。

 

道の駅「あまるべ」の見どころ

 

私が感じた余部「道の駅」の見どころは主に5つありました。

  • 余部情報コーナー
  • 余部模型
  • 余部鉄橋鋼材グッズ
  • 余部旬の野菜
  • 余部お土産グッズ

それぞれ写真を撮ってきたので、良かったら見ていってください!

 

余部情報コーナー

 

よくあるインフォメーションコーナーですね。

パンフレットなどを置いていて、近くで観光先を探している方はこちらに入れば大体見つかると思います。

色々と地元のおすすめスポットが紹介されているので、行先を探している方はこちらで探せば大体なんとかなるかと。

 

余部模型(余部鉄橋)

 

余部クリスタルタワーにかかる鉄橋の模型ですね。

結構、道の駅は巡っているつもりなんですが(50軒ほど)模型が飾られているのは初めてみました!

他にも電車の模型がありますので、模型好きな方は勿論、そうでもない方も目を奪われると思うので、是非見ていってほしいです。

 

余部鉄橋鋼材グッズ

 

これまた、通なグッズがありましたよ!

余部鉄橋の鋼材グッズで重みもしっかりとあります。

クリスタルタワーに関連するグッズで、初めて見ましたのでとても興味深かったですね。

意外とお値段もリーズナブルなので、記念品としてかなりおすすめ。

 

余部旬の野菜

 

道の駅には必ずある青果コーナーですね。

都心の方に住んでいると、道の駅の野菜の安さにはいつもびっくりさせられます。

この日は、10個くらい入っているみかん(200円)を頂きました。

ちらほら地元の人(?)がいましたので、割とこのあたりでも安いのかな?

 

余部限定お土産

 

お土産コーナーにはクリスタルタワーを模したお土産が多かったです。

食べ物は勿論、グッズ関連もたくさんありますよ。

クリスタルタワーとはあまり関係ないんですが、写真左にある余部草だんごが美味しかったです!

 

気になるライトアップの時間帯は?

 

営業時間 午前9:00-午後6:00
ライトアップの時間帯 日没~21時半頃
定休日 無し
駐車場 普通車:16台 障害者:1台 大型車:2台
公式ホームページ http://michinoeki-amarube.com/

 

公式ホームページを確認しましたが、営業時間や駐車場は上の通りです。

それほど混雑する場所でもないので、クリスタルタワーのライトアップの時間帯以外では特に気にすることなく、行っても大丈夫です。

ライトアップがある時間帯では少し早めに行ったほうがいいかもしれませんね。

ちなみにライトアップは日没~21時半までですので、気になる方は夕方辺りを狙っていきましょうね。

 

 

香美町をお立ち寄りの方は是非

 

 

あさりの観光評価

楽しさ・

雰囲気・

行く価値・

総合評価・

(※余部鉄橋「空の駅」込みの評価)

香美町付近によられる方は是非お立ち寄りください。

道の駅「あまるべ」の滞在時間は30分~1時間というところでしょう。

道の駅と空の駅を味わえるので、1度で2度おいしい感じで良いところです。

空の駅が気になる方はこちらで紹介しますので是非見ていってください!

 

余部鉄橋「空の駅」に行ってみた。クリスタルタワーの料金は? レビューブログどうも、旅行好きなインドア男子のあさりです! 余部観光名所の1つ、余部鉄橋「空の駅」(余部「道の駅」)に行ってきました! 地...

 

ABOUT ME
あさり
インドア派なアラサー男子です。 日々のインドアを快適にする為に切磋琢磨しております。 仕事も休みもインドアな私をご覧あれ。