賢い付き合い方

フリーター彼氏が起業?結婚を考えて付き合い続けるべきなのか

彼氏が起業したい…でもフリーター…。

「フリーターでも起業は支えるべき?」

「起業が失敗したらどうなるんだろう…」

 

ただでさえ不安なフリーターに加えて起業まで…と不安を抱えるあなたに向けて「フリーター彼氏の起業を支えるべきかどうか」についてお話していきます。

あなたの結婚や将来を考えて厳しめにお話ししますが、現実問題としてしっかりと受け止めてくださいね。

 

支えるかどうかの判断ポイント

 

フリーターの起業彼氏を支えてあげるべきかどうかのポイントは「本気度」と「準備が十分か」を確かめることが大事です。

フリーターとはいえ、昔から計画的に貯金をして、本気で起業について考えているのでしたら、支えてあげでも良いと思います。

しかし、準備もせずに急に思いついたアイデアを試したいといったダメ男であれば、さっさと切り捨てるべきです。

そういった男を判断するのに「本気度」と「準備が十分か」は確かめるべき重要なポイントです。

 

本気度を確かめる

 

フリーター起業彼氏の本気度を確かめてみましょう。

「本気度といってもどう調べたらいいの?」と思うかもしれませんが、簡単です。

お互いの将来について話すだけです。

 

結婚の時期や子供を作る時期など、起業について本気に考えているのでしたらスラスラと話せるはずです。

もし、ここで行き詰るようでしたらダメです。

将来が見えない人に起業は難しく、ましてやあなたの事を全く考えていません

起業の本気度はもちろんですが、彼女であるあなたと生きていく本気度が足りていないことになります。

 

 

準備は十分か確かめる

 

ここでいう準備とは大きく分けて「計画」と「お金」の2つがあります。

フリーターは融資を受けることがほとんど出来ないです。

なので、計画と準備資金が重要になってきます。

 

これを疎かにしている場合、突発的な理由であることが多いため、失敗する確率はかなり高いです。

特に「一般企業が合わない」といった理由で起業する彼氏は地雷中の地雷です。

大人しく一般企業で働いてもらうか、別れてしまいましょう。

あなたまで彼氏の無責任さで不幸になってしまう必要はないですよ。

 

起業が失敗した場合のリスク

 

起業彼氏を支えると決めた場合、失敗した後の生活について考えておかないといけません。

起業が成功する確率は6%前後と言われていて、それは開業資金や計画を十分にあった人も含めての数字です。

何のとりえもない、開業資金もない、計画もない人が起業する人がどうなるのか…言わなくても分かりますよね。

もし、支えると決めるのであれば最低でも「倒産した後の生活」と「結婚」について理解しておきましょう。

 

 

倒産した後の生活

 

倒産した後の生活は言うまでもなく借金地獄です。

まともに再就職できればいいですが、フリーター生活が長ければ、どんな人物か面接官に見抜かれてしまいます。

起業が失敗した後のリスクについては下の記事でご紹介していますので、気になる方はご覧ください。

 

彼氏の起業が失敗したらどうなるの?その後に待つ借金と悲惨な生活

彼氏の起業が失敗したらどうなるの?その後に待つ借金と悲惨な生活 「起業彼氏が起業…失敗した後どうなるの?」 起業彼氏を応援したいけど、失敗した後の生活が気になる彼女に向けて「起業彼氏との...

 

理想の結婚は絶望的

 

借金を抱えた生活を送るので、若い自分での花嫁姿は諦めることになりましょう。

起業から数年、借金返済をしつつお金を貯めたとしても、今から5~10年はかかります。

周りの友達が結婚していく中、自分は取り残されたような感覚にもなってしまうでしょう。

 

起業を決意した彼氏とのベストな結婚タイミングについては下記の記事で紹介していますので、よければご覧ください。

 

彼氏が起業家を決意。結婚タイミングはいつになるの?

彼氏が脱サラで起業家社長を決意。同棲や結婚タイミングはいつ? 彼氏からまさかの起業宣言…。 「私のことをどう考えているんだろう?」 「えっ…結婚はいつになるの?」 ...

 

 

フリーター彼氏の起業について

 

フリーター彼氏の起業は、準備が十分で本気と確かめられて初めて、支えるかどうか考えるに値する話です。

それ以前の問題の場合、起業を舐め過ぎとしか言わざるを得ません。

それほど、起業は軽々しく手を出すものではないことです。

どうしても自分では決められず、不安な方は下で紹介している方法で悩み解決してはいかがでしょうか?

 

ABOUT ME
あさり
インドア派なアラサー男子です。 日々のインドアを快適にする為に切磋琢磨しております。 仕事も休みもインドアな私をご覧あれ。