お仕事

後先考えずに退職しても良かった。誰にも相談できなくて辛い時に転職【実体験あり】

販売員の仕事は自分がやりたいと思っていた私は、20才で販売員の仕事に就職しました。

しかし、誰にも相談する余裕がないくらい辛いことが起きて、後先考えず退職しました。

少し後悔もありましたが、後々医療事務の転職先も見つかり、当時精神的に余裕が出来たので退職してよかったと思います。

少しでも同じ悩みを持っている方の役に立てれば幸いです。

 

やりたいと思っていた販売員の仕事に就職

 

正社員として入って、初めは同じ時期に入った同僚たちと顧客に、はがきを出す仕事をしながらレジの練習をしていました。

その仕事を二週間ほどしてから、おのおのいろんな部署へ異動することになっていました。

 

私はおしゃれが好きなので服を売れる売り場に行きたいと思い、衣服の部署を希望しました。

聞いていた話によると希望はだいたい通ると言うことでしたので。

 

自分だけ通らない希望部署

 

しかし、私は靴売場に行くことになってしまいました。

他の同僚は皆が希望のところに行けていたのに、私だけが希望ではないところに行くことになりました。

 

自分だけ希望とは違うところだったので、不満に思っていました。

しかし、仕事なので希望とは違うのも仕方がないと思うようにしていました。

 

ストレスを感じるようになりやる気が出ない

 

仕事は、きちんとやりたいと思っていたので分からない事は上司や、先輩に聞くようにしていました。

一番の後輩ですし仕事もまだまだ出来てなかったと思います。

そういったストレスが溜まっていたのでしょうか。

段々と仕事に対するやる気が失われていくように感じました。

 

人間関係が辛くなり自己嫌悪に

 

そして人間関係も嫌なことなども続き、疲れていきました。

話し方が威嚇的だったり、ストレスが溜まって、仕事に行くのも辛くなっていきました。

 

若かったと自分でも思うのですが、我慢が出来なくなっていきました。

イヤな事が積み重なって、仕事自体にも意欲が持てなくなっていました。

仕事に入ったときには、同僚と一緒にやる気でいっぱいだったのに、自己嫌悪に陥っていました。

 

相談する余裕もないくらいに自分を追い詰めていた

 

少しでも、誰かに相談していれば辞めることまではなかったように思います。

同僚にも友だちにも話したりもしなかったです。

誰にも相談することなく、自分だけで決めてしまいました。

スゴく追い詰められていたように思います。

 

キツかったら、休んだりすれば良かったのですがそう言うことさえ頭になかったように思います。

辞めないと、もう無理だと。

結果的には、仕事を辞めることになりました。

 

後先考えず辞めても良かったと実感

 

そのあとのことは、何も決めずに先に仕事を辞めてしまいました。

今思うと他に違う仕事を見つけてからやめればいいのにと思うのですが、疲れきっていたのかも知れません。

 

本当に後先考えずに仕事を辞めてしまいました。

でも、精神的にはスゴく楽になったので良かったんだと思います。

本当につらい方は後先考えすに辞めてみても良いと思います。

休んだ後にまた頑張ればいいんですから。

ABOUT ME
あさり
インドア派なアラサー男子です。 日々のインドアを快適にする為に切磋琢磨しております。 仕事も休みもインドアな私をご覧あれ。