お仕事

不定期な勤務体制にうんざり!小売業から異業種への転職方法【実体験あり】

私は新卒で入社した食品の小売業から、24歳でIT企業の事務へと全くの異業種に転職しました。

不定期な勤務体制で身体を壊すことが多くなり、このままではダメだ!と思い、転職を決意しました。

少しでも同じ悩みを持っている方の役に立てれば幸いです。

不定期な勤務体制が転職のきっかけ

 

転職を決意した理由が大きく2つです。1つ目は、休みが少なかったことです。

サービス業なので休みが固定ではありませんし、連休は多くて月に2回ほどでした。

シフトがでるのがいつもギリギリで、友人や自分自身の予定をうまく組めないこともストレスでした。

ひどいときには次の日自分が出勤なのか休みなのかわからないというときもあります。

また、有給も取りづらく退職時には20日ほど未取得の有給が残ってしまいました。

 

2つ目は、シフト制の勤務体系で体調を崩しやすくなったことです。

シフト制のため生活リズムが安定せず、1日中立ちっぱなしの環境は体力消耗が激しかったです。

商材も重量のあるものを取り扱っていたので納品作業等で毎日何十キロもの商材を持ち上げたり運んだりと体力的にきつい仕事も多かったです。

友人からの紹介で転職エージェントを利用


土日休みが固定で体力的にも長く続けられる仕事をしようと転職活動をスタートしました。

決心したはいいものの転職活動のやり方がわからず、転職体験をした友人から転職エージェントを紹介してもらうことにしました。

エージェントは転職を希望する人たちに企業の紹介から面接対策等サポートをしてくれます。

女性向け、大企業、中小企業等、それぞれ強みを持ったエージェントが多数あるので自分にあったエージェント選びは大切なポイントだと思います。

 

私の場合は未経験の職種への転職ということもあり、チャンスは多いに越したことはないと考え、紹介企業の取り扱いの多い大手のエージェントにサポートを依頼しました。

エージェントでは面談後、転職活動のスケジュール管理、書類の書き方から面接対策等、転職活動に必要な様々なことを丁寧に教えてくれました。

手厚い転職エージェントのサポート

エージェントにサポートしてもらったことを活かしていざ転職活動を始めると、やはり異業種への転職ということもあり難航しました。

面接に行く前に企業のことを調べたり、面接の対策をしたり、書類を書いたりと、前職を続けながらの転職活動でしたのでスケジュール感は非常に忙しかったように思います。

しかしながら、面接等の日程調整はエージェントにサポートしてもらえるので前職の仕事と調整をつけつつ転職活動に臨めました。

 

希望の職種に着くために大事なこと

最終的に希望企業に採用が決まり、今では当初の希望通り、休みも多く、毎日一定のリズムで働くことができています。

今このように満足できているのには2つポイントがあるように思います。

1つ目は、自分が転職したいと思った理由を払拭できるような職場選びを大切にしたことです。

この企業に入ったらはじめに転職したいと思った原因がなくなる環境でなければ意味がありません。

仮に採用されて働いたとしてもまた転職したくなったら同じことの繰り返しになるからです。

2つ目はエージェントのサポートを有効活用することです。

エージェントのもつ知見や経験は私たち個人が持っていることより確実に多くのデータをもっていますし、働きながら転職する際には自分に変わって対応してくれたりと転職活動をスムーズにしてくれます。

転職サイトに登録することが初めの一歩

転職活動は大変なことも多いですが、求めれば充実したサポートも得られます。

現状不満がある人はそれを解消できることもあると思うので、悩んでる人は勇気を持って転職活動に挑んで欲しいと考えます。

ABOUT ME
あさり
インドア派なアラサー男子です。 日々のインドアを快適にする為に切磋琢磨しております。 仕事も休みもインドアな私をご覧あれ。